自宅の給湯機器、このまま使う?買い換える?

自宅の給湯器、何年使ってる?

自宅についている給湯機器について、使用年数を聞かれて正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。毎日使用している物なので、自分が思っている以上に年数が経過していた、なんてことはよくあります。給湯器の買い換え時期は、おおよそ10年程度といわれています。やはり急に使用できなくなると困るので、故障する前に交換することができれば良いですが、安価なものではないのでなかなかそうもいかないのが現実ですよね。

買い換え時、同じ給湯器を選べばいいの?

買い換えの時、種類を選ぶのに困る方も多いと思います。給湯器のカタログをみても、自分の家にどの機械がつくのか、というところまで把握して機種を選ぶのは難しいです。給湯器には16号、24号、といった号数があり、同居家族の人数や使用用途によって取り付ける大きさが変わってきます。また、お風呂も沸かせるタイプの風呂給湯器の場合、お風呂を使用しているときに台所でもお湯を使用する可能性があるのであれば、少し大きめを選んでおくと出湯量が制限されなくて良いかもしれません。

水回りをすっきり快適に

今は少なくなってきましたが、元々洗面所や台所に小型の湯沸かし器がついているお宅もあるでしょう。小型の湯沸かし器はすぐに温かいお湯がでるためとても便利なのですが、どうしても利用スペースをとってしまいますよね。給湯器であれば外に取り付けるということも可能なのでその分のスペースが有効活用できます。やはり水回りは限られたスペースしかないので上手に利用したいですよね。また、エコなタイプも出てきているので、新しい機械に替えることでガス量も節約できるかもしれません。

給湯器の相模原の業者の魅力として、購入後のメンテナンスのフォローが優れていることや、スタッフの対応が良いことが挙げられます。