こんな婚約指輪ならずっと大事に使いたい!

婚約指輪は省略されやすい

結婚指輪は用意するけど、婚約指輪って必要なもの?そんな風に思うカップルは多いのではないでしょうか。確かに、結婚していますという証として結婚後は常に身に着けることになる結婚指輪と違って、婚約指輪の必要性はやや低いかもしれませんよね。そこにお金をかけるよりは、新生活に使えるような、もっと実用的なものを購入したいと思うのも無理のないことといえそうです。でも、やはり婚約指輪だって一生に一度のものに違いはありません。

意外と歴史ある婚約指輪

女性にプロポーズする時に男性が用意するのが婚約指輪てす。婚約指輪の起源は、古代ギリシア・ローマ時代にまでさかのぼるといわれ、長い間、延々と受け継がれてきたイベントといえ、日本でも明治以降に取り入れられるようになりました。結婚・婚約といえば、女性にとっては男性以上に人生の一大イベントに違いありません。女性であれば、やはり愛する男性からもらう指輪は大変意味の深いものだといって良いのではないでしょうか。

例えばこんな婚約指輪

もしも、男性のお母さまにタンスに眠っている思い出の宝石があれば、それをリフォームしてお嫁さんに受け継いでもらうのも一つのアイディアです。宝石は、リングでもペンダントでもピアスでもなんでもOKです。現代風にアレンジすれば、とても素敵な婚約指輪に生まれかわるはずですよ。お義母さまの気持ちがいっぱい詰まった婚約指輪なら思い入れもきっとひとしおです。いつまでも大切にして、産まれてきた我が子に受け継いでもらうのも良いでしょう。

婚約指輪は、やはり一方がサプライズで贈るのではなく、2人で話し合って納得のいくデザインの物を選ぶべきです。